最新登録店舗

カテゴリ:


レーシックを行っている眼科は全国に数多くあります。ですから、レーシックを受けたい方にしてみれば、どの眼科を選んだらいいか迷うところですね。

レーシックは眼科の手術としては成功率はとても高く、しかも痛みもほとんどありません。失明の例も報告されておらず、安全性も高いと言えますが、それでも大切な目を任せるわけですから、眼科選びは重要です。

レーシックの際の眼科(医)選びは、例として下記のようなことを基準にするといいでしょう。

・眼科手術の経験が豊富か

・日本眼科学会認定の専門医か

・適応検査の担当者が、国が認可した視能訓練士(ORT)であるか

・手術前の質問に懇切丁寧に答えてくれるか

・カルテの開示や提出を行ってもらえるか

・病院は清潔か

・手術後のアフターフォローは万全か

・医師やスタッフの対応は良いか

・最新の器材や情報が揃っているか

・費用の明解さと適切さ

・生涯保障システムをとっているか

・他の患者(特にレーシックを受けた人)の評判はどうか
イントラレーシックは最先端の視力回復手術です。

イントラレーシックは、コンピュータで制御して手術することができるため、従来のレーシックと比べると視力回復度が大きく、また、ドライアイやハロ(光の周りがもやがかかったように見える)などのレーシックで起こる合併症も大幅に抑えることができるようになりました。さらに、眼鏡やコンタクトレンズでは矯正できない不正乱視を矯正することも可能です。

イントラレーシック特有の欠点としては、やや手術時間が長い、一度切り取った角膜(フラップ)の接着が安定するまでに時間がかかる、などがあります。

また、異常なほどに光に対して過敏になるという、イントラレーシック特有の合併症の報告もありますが、報告されている発生率は1%~20%と幅があり、今後の課題といえるでしょう
イントラレーシックは、視力回復手術の一種です。

視力回復手術で有名なものにはレーシックがありますが、イントラレーシックとレーシックの違いで一番大きいのは、フラップ(角膜に作るフタ)の作成方法にあります。イントラレーシックは、コンピュータで制御するため、より薄いフラップを正確に作ることができるのです。

イントラレーシックは、レーシックでは回復できなかった強度の近視や、レーシックでは対処できなかった薄い角膜でも治療が可能。また、レーシックの適合検査で不適格となった人でも手術が受けられるようになりました。

視力回復度についても、術後の平均視力が高いとの結果もあり、今後イントラレーシックを希望する割合は増えていきそうです。